4dBarn®のエキスパート

私たちの専門家

Jouni Pitkäranta、修士(建築家)ヘルシンキ工科大学2006 ​

Jouni Pitkärantaは2006年にヘルシンキの工科大学を卒業しました。その前から、自身の納屋の設計と建築のオフィスであるCowhomesを経営しています。 JouniPitkärantaは、幼少期を酪農場で生まれ育ち、1987年に15歳で最初に作られた納屋の設計を行いました。

Jouni Pitkärantaは、乳牛、若年牛、子牛の納屋の設計に特化しており、特にロボット搾乳納屋の設計に重点を置いています。 Jouni Pitkärantaは、主にフィンランドだけでなく、スウェーデン、エストニア、ロシア、リトアニア、オランダ、ドイツでも、合計約700の乳牛舎を設計しています。

2013年にウィスコンシン大学(米国)から子牛の住居と子牛舎の換気についてトレーニングを受けました。認可を受けた子牛舎の過圧チューブ換気アドバイザーです。

 

JouniPitkäranta
、修士
建築家
ヘルシンキ工科大学
2006
JouniPitkäranta
2006
年にヘルシンキの工科大学を卒業しました。それ以前より、牛舎の設計と建築を
仕事とする
Cowhomes
という会社を経営しています。
JouniPitkäranta
の実家は酪農家で、幼少期も酪農
場で過ごしました。
1987
年、彼が
15
歳のときには彼が初めてデザインした牛舎が実際に建てられました
JouniPitkäranta
は、搾乳牛、育成牛、子牛の牛舎の設計を専門としており、特にロボット搾乳牛舎の設計
に重点を置いています。
JouniPitkäranta
は、フィンランドを中心に、スウェーデン、エストニア、ロシア
リトアニア、オランダ、ドイツで、合計約
700
戸の牛舎を設計しています。
2013
年にウィスコンシン大学(米国)から哺育牛舎のデザインと換気についてトレーニングを受けた、哺
育牛舎の陽圧換気システム認定アドバイザーでもあります
JouniPitkäranta
、修士
建築家
ヘルシンキ工科大学
2006
JouniPitkäranta
2006
年にヘルシンキの工科大学を卒業しました。それ以前より、牛舎の設計と建築を
仕事とする
Cowhomes
という会社を経営しています。
JouniPitkäranta
の実家は酪農家で、幼少期も酪農
場で過ごしました。
1987
年、彼が
15
歳のときには彼が初めてデザインした牛舎が実際に建てられました
JouniPitkäranta
は、搾乳牛、育成牛、子牛の牛舎の設計を専門としており、特にロボット搾乳牛舎の設計
に点を置いています。
JouniPitkäranta
は、フィンランドを中心に、スウェーデン、エストニア、ロシア
リトアニア、オランダ、ドイツで、合計約
700
戸の牛舎を設計しています。
2013
年にウィスコンシン大学(米国)から哺育牛舎のデザインと換気についてトレーニングを受けた、哺
育牛舎の陽圧換気システム認定アドバイザーでもあります

 

Virpi Kurkela、DMV ​​

Virpi Kurkelaは、1999年にヘルシンキ大学の獣医学部を卒業しました。それ以来、彼女は主に大規模な動物の診療に従事する獣医および群れの獣医として働いてきました。 Virpiは農家、アドバイザー、獣医師向けに牛の健康と福祉について多くのプレゼンテーションを行ってきました。また、ProAgriaのHerd Navigatorアドバイザリーチームのメンバーとして、ロボットファームのコンサルティングも専門としています。
2013年、ウィスコンシン大学(米国)から子牛の住居と子牛舎の換気について特別なトレーニングを受け、認可を受けた子牛舎の過圧チューブ換気アドバイザーです。
4dBarnでは、AMS搾乳による納屋の設計とブースティングの仕事は、優れた生産と効率的な作業のために優れた動物の健康と福祉を確保することに重点を置いています。
Virpiの専門的な関心は、ロボットによる搾乳における乳牛の健康と福祉、および酪農場での群れの健康管理に集中しています。彼女は、特に乳房の健康管理、牛舎、子牛、未経産牛の健康と生産に対する納屋の環境とデザインの影響について、多くの大学院教育と経験を持っています。

 

Marjo Posio、M.Sc.(農業)、動物栄養学(ヘルシンキ大学)
幼年期を酪農場で過ごしました。
-2009–2011フィンランドのクイバニエミにある850頭の子牛用の牛舎の牧場長
-2011〜2013ミルク管理プロジェクトマネージャー-開発プロジェクト、ProAgria Oulu
-2013年-酪農場-アドバイザー(栄養と生産のモニタリング、SOP –乳牛舎の作業規則、乳房の健康と生殖能力の管理に特化)ProAgria Oulu

フィンランド、スウェーデン、デンマーク、オランダ、米国の多数の納屋でロボット納屋のパフォーマンスを監視する国際的なロボット納屋の労働効率プロジェクトでJouniPitkärantaを開発し、協力してきました。

2013年にウィスコンシン大学(米国)から子牛の住居と子牛舎の換気についてトレーニングを受けました。認可を受けた子牛舎の過圧チューブ換気アドバイザーです。

 

Virpi Huotari、M.Sc.(agriculture)(ヘルシンキ大学)
Virpiは、経験豊富な最高経営責任者(CEO)であり、食品生産業界での勤務およびコンサルティングの実績が実証されています。強力なビジネス開発の専門家は、コーチング、起業家精神、ビジネス開発、戦略に熟練しています。
彼女は、アドバイザリーセンターの開発およびサービスマネージャーとして14年間働いています。彼女の責任には、酪農場へのアドバイザリーサービスの管理、アドバイザーの主要チーム(10〜45人)、大規模な酪農場向けの新しいサービスの開発が含まれていました。
「会社名の4番目のDは、4番目の次元を意味します。つまり、マネージャーまたは従業員です。私の専門は、農場とリーンのリーダーであり、人事およびコーチングのマネージャーと従業員です。」

 


 

Contact

Jouni Pitkäranta, +358 400 166 058

Virpi Huotari, +358 400 786 933

Virpi Kurkela, + 358 40 519 2283

info@4dbarn.com